スイーツブッフェ / ディズニー

【舞浜】グランドニッコー東京ベイ舞浜『ル・ジャルダン』クリスマススイーツブッフェ

今年7月にリブランドオープンしたTDRオフィシャルホテルのグランドニッコー東京ベイ舞浜。12月12日から12月27日までの16日間限定で『ル・ジャルダン』にて開催されているクリスマススイーツブッフェに行ってきました。
2020年4月までは東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートの『ジ・アトリウム』として営業していたレストランで、10月に初めて開催されたハロウィンスイーツブッフェが話題になっていました。ハロウィン同様、オリジナルカクテルを作ってくれるコーナーもあるとのことでワクワクです。

舞浜駅からはシャトルバスが1時間に2本ほど出ています。6分位でホテルに着きます。

7分間隔で運行しているリゾートラインだとリゾートゲートウェイステーション(イクスピアリ)からベイサイドステーションまでが約5分。ベイサイドステーションからホテルまでは徒歩2分です。

リゾートラインからはパーキングキャストが駐車場に作ったコーンアートが見られます。現在はランド側は横顔ミッキー、シー側はミツマルでした。

グランドニッコーの向かいに建設中のトイストーリーホテル。外観はかなり完成に近づいているように見えます。来年オープン予定、内装も楽しみですね。

クリスマススイーツブッフェ〜ローストビーフを含むランチブッフェと共に〜


オールデイダイニング『LE JARDIN』

千葉県浦安市舞浜1-7グランドニッコー東京ベイ舞浜3F
12:00~14:30(LO14:00)
大人5,000円、12才~9才2,780円、8才~4才1,580円
いずれもドリンクバー付、税サ込
※One Harmony会員入会で10%OFF
公式予約サイト


館内へ入ると、ピンクを基調とした可愛い飾りつけに思わずにっこりしてしまいます。お子様向けにお菓子の家やお菓子の地球儀なんかもあってなんだかほっこりします。

『ル・ジャルダン』入口の、お菓子に囲まれた羊飼いの礼拝もとても可愛らしいです。

店内はとても広くて、お席の場所によって雰囲気もかなり違います。
ブッフェ台近くは先程のロビーのピンクリボンの吹きぬけと一体になったような広々したオープンテラスのような空間。私の案内された奥の席はアットホームなカフェのような空間。

ブッフェの時間帯に使われるのかは分かりませんが、バーのお席は重厚感があります。

今回はおひとりさま仲間は見つけられませんでしたが、スタッフさん達はとても優しい方ばかりで居心地は良かったです。

テーブルセットはこんな感じ。
来月にはストロベリースイーツブッフェが予定されているそうです。

ブッフェ台


手袋を付けて、従来通り自分で盛りつけができます。


お料理コーナー
手袋を付けてトレーを持ったら、ローストビーフやチーズをシェフに盛りつけてもらうコーナーか、自分で取るコーナーか選んで進みます。ブッフェスタート時以外は並ぶこともなかったのでその通路通りの方向に動かなくても問題はありませんでした。デザートブッフェで想像するレベルをいい意味で裏切ってくれてます。


バーコーナー
大量に並んでいるシロップから好きなものを選び、甘めかさっぱりめかオーダーしてバーテンダーにノンアルコールカクテルを作ってもらえます。ブッフェ料金に含まれているなんて珍しいサービス。青りんごシロップをモヒート仕立てにシェイクしてくれました。
他のお客さんの席を見回すと、どれひとつとして同じカクテルがなく、カラフルで楽しく特別な気分になれます。


デザートコーナー


実演コーナー


ドリンクコーナー
マシンの他に、ルビーチョコレートドリンク、アップルビネガードリンク、レモネードがディスペンサーでありました。

丁寧なつくりで目も口も幸せ



彩り野菜のスティックサラダ、クラシックポークカツサンド、シーフードリゾットのグラタン仕立て、スモークサーモン


海老とオレンジとじゃがいものタンブラーサラダヨーグルト風味
リゾットの帆立に見立てた盛りつけやパフェのようなタンブラーサラダがお洒落です。どの野菜もとても新鮮でシャキシャキ。写真でも伝わるのではないでしょうか。分厚いカツサンドにもたっぷりキャベツが入っています。


クラムチャウダー


シュトーレン、ブッフェドノエル、なめらかプリン、クグロフ
シュトーレンはシナモン強め、柔らかめ食感。
ブッシュドノエルのホワイトチョコの方はブルーベリージャム主張が強めです。
クグロフはオレンジピールが多めでふわふわ。アイシングの甘さにとろけます。


洋梨のスープとコンソメジュレ
ローストビーフ
柔らかいお肉の美味しさをオニオンの甘さがさらに引き立てています。甘じょっぱさが好みで、お腹に余裕があればお代わりしたかった。

レッドベリーチョコレートシフォンケーキ、クリスマスショートケーキ、サントノーレキャラメル、シブストポム、タルトフレーズ
完全に盛りつけ失敗してますが、どれも素晴らしいお味。
シフォンケーキのチョコレートは甘すぎず、ホワイトチョコクリームといいハーモニー。
サントノーレキャラメルにのってるシュークリームにたっぷり詰まったバニラクリームが美味しくて、シュークリーム単品として大きく作ってほしいくらい。
シブストポムは私の大好きな味。控えめなキャラメリゼもクレームシブーストの甘さもタルトの食感も最高でした。


ミルフィーユフレーズ、マロンモンブラン、ピスタチオアイス
ミルフィーユのパイは3段重ねですが、ひとつひとつがすごい厚さ。サックサクの食感を作る中の空気まで美味しいです。いちごも甘くてジューシー。
モンブランは意外と甘さ控えめで中のバニラクリームがふわっととろけて幸せ。
驚いたのがピスタチオアイス。ピスタチオが濃厚すぎてスイーツだけじゃなくお食事とも合わせられるんじゃないかなってくらい。ピスタチオ好きはぜひ。


ルビーチョコレートドリンク
普通のホットチョコのイメージと逆の、飲みやすい軽い口当たりでびっくり。ミルクチョコじゃなくてルビーチョコだから?


スフレフロマージュ、フォレノワール、パリブレスト、ジンジャークッキー、タルトタタン
スフレフロマージュは優しい甘さのチーズケーキ。ふわふわとクリーミーの絶妙なバランスが美味しい。
アメリカンチェリーと濃厚チョコケーキはとろける組み合わせ。洋酒もきいていて大人の甘ーい幸せです。
クッキーは雪の結晶とトナカイがありました。可愛いだけかと思いきや、カリザク食感が美味しくて癖になりそうな味。
タルトタタンのキューブはコンポートがぎっしりだけれどりんごが潰れず一切れごとほろほろしていて不思議。果実の甘さがぎゅっと詰まっていてとてもジューシー。

まとめ


お料理の品数や質、オリジナルカクテルを作ってもらえるサービスなんかを踏まえると、これはいい意味でスイーツブッフェのクオリティではありません。完全に、豪華なデザートコーナーのあるランチブッフェです。手の込んだ美味しいお料理も多いので、甘党でない方にもおすすめです。
甘くて新鮮な野菜やフルーツは生ではもちろん、火が通っていても感じられて、素材の味を大切に調理されているんだろうなと感じました。

ファンシーな可愛らしい飾りつけの店内に、ファミリー向けの見た目重視かしらと少し心配しましたが、クリームも甘すぎず、どのスイーツを食べても重すぎることはなくとても美味しかったです。
ただ、近くのお席で全種類制覇すると頑張って食べていた男性もギブアップしていたくらいだったので、お料理もスイーツも食べたいものを全部食べることはきっと無理です。期間が短すぎて通うことができないのが残念ですね笑
また行ける機会があれば、もっと腹ペコで挑みたいです。


ごちそうさまでした☺︎

にほんブログ村 グルメブログ バイキング・食べ放題へ

にほんブログ村 スイーツブログへ

投稿者

アラサーの飲食店スタッフ。美味しいものが大好きだけれど料理は苦手。少人数やひとりが好き。無駄に人目を気にする性格だったので、ソロ活の幅を広げようとまだまだ初めてと奮闘中。